【最新刊】シャトウ ルージュ

シャトウ ルージュ

渡辺淳一

774円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    調教(ドレサージュ)によって女は変貌する……。毎夜くりひろげられる美貌の妻の「調教」。そして、仮面をつけた異国の男たちによって弄ばれる妻の白い裸身を、隠し部屋から覗き見る夫の若い医師──。舞台はフランスの古いシャトウ。中世そのままの城内で行われる淫らな“儀式”が外に知られることはない。はたしてこの背徳の行為は、二人の運命に何をもたらすのか? 恋愛小説の第一人者が、「愛と性」の深淵をえがく、官能と背徳の衝撃作。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/22
    連載誌/レーベル
    文春文庫
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      夫が性生活に不満を持ってて、自分の妻をお金を払ってまで自分好みの女性に調教してもらう。確かに妻は性に目覚めるんだけど、ねえ。夫の一方的な願望で、外国人の男たちに刻々と調教されていく妻の様子が、かなりエ...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      時系列は逆だけど、フィフティシェイズの男性目線版のような。
      性愛がテーマだと、描写の上手い下手や好き嫌いではなく、どちらの性目線で描かれているかで読んだ後の違和感が違う。

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      主人公の克彦はフランスのパリで、妻の月子を誘拐されてしまいます。驚いた月子の両親は彼のもとを訪れ、月子を取り返してほしいと訴えますが、じつは彼女の誘拐は克彦が仕組んだことでした。

      克彦は、妻でありな...

      続きを読む
    開く

    セーフモード