【最新刊】サイレント・ボーダー

サイレント・ボーダー

永瀬隼介

875円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    殺人で両親を失い、いまは渋谷で自警団「シティ・ガード」を率いる、18歳の三枝航。8年前に離婚した妻から、家庭内暴力をふるうようになった息子を引き取った、敏腕ライターの仙元。深いトラウマを抱える2人の人生が、ふとしたことで交錯し、やがて航のカリスマ性の裏にひそむものの正体が露わになるとき、後戻りできない運命の歯車が動き出す。祝康成名義で少年犯罪などノンフィクションを書いてきた著者がすべてをこめた、渾身のデビュー小説。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/22
    連載誌/レーベル
    文春文庫
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • サイレント・ボーダー2009/08/22Posted by ブクログ


      さすがの一作。

      正義を標榜する街のボランティア青年団のリーダーの少年と、離れながらもよりそう幼なじみの少年。
      家庭内暴力に目覚めた息子を引き取る、ルポライター。そこに救いの手をさしのべる、精神科の...

      続きを読む
    • サイレント・ボーダー2010/04/14Posted by ブクログ

      登場人物が全員揃った時、誰がどう事件を起こすのか
      それだけは検討がつきました。
      さすがに『何』を起こすのかは分かりませんでしたがw

      徐々に見えてくる闇、というよりは狂った部分。
      冷静なまでに全てを行...

      続きを読む
    • サイレント・ボーダー2017/11/12Posted by ブクログ

      00年前後の少年犯罪、ギャングと当時の若者像を切り取ったような内容です。あの頃の夜の渋谷、池袋と新宿の裏側の退廃感は凄まじいものがあった気がします。元ルポライターだけあってその辺の描写がとてもリアリテ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード