【最新刊】こんな日本でよかったね 構造主義的日本論

こんな日本でよかったね 構造主義的日本論

内田樹

691円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    その類いまれなる好奇心で現代思想の奥の奥まで分け入るウチダ先生。人気ブログ「内田樹の研究室」のコンピレーション本である本作では、構造主義でこの国の過去・現在・未来を捉えます。時間的に後から来たものがすべてを支配する、という歴史主義的な考え方に対し、構造主義では時間の広がりと深みを重んじます。「私とは違う時間の中に生きている人に世界はどのように見えているのか私にはよくわからない」。そんな謙抑的な知性で、ウチダ先生と一緒に「こんな日本」について考えてみませんか。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/22
    連載誌/レーベル
    文春文庫

    レビュー

    レビューコメント(36件)
    • こんな日本でよか...2012/09/09Posted by ブクログ

      サブタイトルにあるとおり「構造主義」的な観点から日本の問題(とされている)格差社会、少子化問題、言葉の力、社保庁問題などを考察している。

      少子化問題については本当にその通りだと思う。
      減っても全然問...

      続きを読む
    • こんな日本でよか...2013/05/04Posted by ブクログ

      内田樹の本は結構読んでいるけど、どれもクオリティのアベレージが高い。

      前々から思ってたことだけど、この人の本は読みやすい。結構難解なことを言ってたりすることもあるんだけど、それでも読みやすい。

      ...

      続きを読む
    • こんな日本でよか...2012/06/19Posted by ブクログ

      いつものように、内田さんのおもしろい視点で家族、教育、日本などの話題について語られている。
      むずかしい部分と読みやすい部分がある。前半一〇〇ページくらいはかなりむずかしかった。
      内田さんの著書の内容は...

      続きを読む
    開く

    セーフモード