【最新刊】劇団四季メソッド「美しい日本語の話し方」

劇団四季メソッド「美しい日本語の話し方」

浅利慶太

827円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    なぜ四季のセリフは聞きやすいのか――。創立60周年を迎えた日本を代表する劇団「劇団四季」は、他の新劇と比べてセリフの聞き取りやすさに定評があります。その秘密は「母音法」「呼吸法」「フレージング法」という独自のメソッド。言葉に対する探求の積み重ねが生んだ賜物といえるでしょう。それを会得することは、一般の人々にとっても、対人関係やビジネスの現場において第一印象がよくなり、思っていることを正確に伝えられるといったメリットがあります。そしてある種の健康法としても。創設者・浅利慶太氏が、そのメソッドを余すところなく初公開します!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/22
    連載誌/レーベル
    文春新書

    レビュー

    • 2017/02/09Posted by ブクログ

      ずいぶん昔に劇団四季の演劇を初めて見た時、言葉がとても聞き取りやすいことに感動した。

      最近同じような衝撃に近い感動を感じたのは、「昼メシ旅」という番組で、戦場カメラマンでおなじみの渡部陽一さんのナレ...

      続きを読む
    • 2013/12/05Posted by ブクログ

      僕は演劇をごくわずかだけ齧ったこともあるのですが、滑舌がよくありません。これ読んだら滑舌良くなるかなあ、などと思いましたが、滑舌を良くするのではなく、一音一音を分離する、というやり方で、なんだかうまく...

      続きを読む
    • 2013/10/23Posted by ブクログ

      「話し方」というタイトルではありますが、
      どちらかというと話し方の内容よりも
      「話す」「声・ことばを出す」上での身体の使い方や
      ことばへのアプローチの仕方などに重点が置かれた感じで、
      テクニカルな要素...

      続きを読む
    開く

    セーフモード