【最新刊】がん放置療法のすすめ 患者150人の証言

がん放置療法のすすめ 患者150人の証言

1冊

近藤 誠

858円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    ほとんどの人は、がんを見つけたらすぐに治療をはじめ、切除しなければと考える。しかし、著者は慌てて治療を始める不利益を説く。放置してもがんが転移せず、大きくもならない人がたくさんいるからだ。「本書を読まれて『本物』と『もどき』の違いを知り、転移に対する認識を改めることができたなら、もっと気楽な気持ちで(がん)に接することができるでしょう」(本書より)。自分が、家族が、恋人が、がんを告知されたらどうするか? そんなときの行動指針になる一冊。菊池寛賞受賞の医師が書く、がんの真実。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/22
    連載誌/レーベル
    文春新書

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/15匿名
      本当に患者のことを考えてくださっている

      この先生は患者のことを本当に思い、どうすれば苦しんだり命を無駄に縮めたりしないですむかを考えてくださっています。

      自分の功名を上げることや医療ビジネスで儲けることを考えず、そのような医者が蔓延してい...

      続きを読む

    セーフモード