【最新刊】邂逅(かいこう)の森

邂逅(かいこう)の森

熊谷達也

784円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    山の民「マタギ」に生まれた青年・松橋富治は、身分違いの恋が災いして秋田の山村を追われ、その波乱の人生がはじまる。何といっても圧倒されるのは、山のヌシ・巨大熊とマタギの壮絶な対決。そして抑えつけられた男女の交情の色濃さ。当時の狩猟文化はもちろんのこと、夜這い、遊郭、炭鉱、男色、不倫など、近代化しつつある大正年間の「裏日本史」としても楽しめる冒険時代小説です。長篇小説ならではの面白さに溢れた、第131回直木賞受賞作!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/22
    連載誌/レーベル
    文春e-book
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2010/09/01Posted by ブクログ

      友人に勧められて読みました。
      彼女が「イチ押し」と言うだけあって、なかなかすごい作品でした。

      日露戦争後の東北、山間の里に暮らすマタギの物語。
      マタギ、とは、多くの場合、春から秋は小作農として...

      続きを読む
    • 2008/06/27Posted by ブクログ

      何とも骨太な一冊だった。
      何かの雑誌の書評を読み、読んでみたいと思い、美和子さんにリクエスト。
      読み始めは秋田弁で書かれた会話やマタギの専門用語の出現で、少々もたつく。
      でも、読み進めるうちにそれが快...

      続きを読む
    • 2011/03/29Posted by ブクログ

      時は大正時代、東北の山深い村に住むマタギの青年・松橋富治は
      身分の違う娘との恋に落ち故郷を追われてしまう。
      その後採鉱夫として働くこととなりさまざまな経験、さまざまな人との出会いをしていく中で
      富治は...

      続きを読む
    開く

    セーフモード