【最新刊】小沢一郎 淋しき家族の肖像

小沢一郎 淋しき家族の肖像

松田賢弥

1,361円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「岩手や日本の為になる人間ではないとわかり離婚いたしました」(妻・和子の手紙)『週刊文春』で妻・和子からの「離縁状」をスクープした著者が、20年以上の小沢一郎取材の成果をすべて注いだ衝撃ノンフィクション!家族の亀裂――。それが「政治家・小沢」崩壊の引き金だった。なぜ妻と3人の息子は小沢のもとを離れたのか? 隠し子を別の愛人に預けたのは何故か? 父・佐重喜と母・みちとの間の秘密とは? 小沢一郎という平成の政局を牛耳った政治家の人間性に潜む謎に迫るノンフィクション。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/22
    連載誌/レーベル
    文春e-book

    レビュー

    • 2014/09/09Posted by ブクログ

      【「日本の為にならない人とわかり離婚しました」】妻と三人の息子は、なぜ小沢のもとを去ったのか。隠し子と愛人の存在、父・佐重喜との確執、母の溺愛――。淋しき小沢一郎の全人像。

    セーフモード