【最新刊】冤罪者

冤罪者

折原一

896円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    叙述トリックの第一人者、折原一の筆致が冴え渡る「――者」シリーズ。ノンフィクション作家・五十嵐友也のもとに届けられた一通の手紙。それは連続婦女暴行犯として拘置中の河原輝男が冤罪を主張し、五十嵐に助力を求めるものだった。自らの婚約者を河原に殺された五十嵐にとって、それは到底素直に受け入れられる内容ではなかったが、やがて河原の“無実”を証明する人物が現れ、裁判は混迷。そして新たな惨劇がはじまった――! 逆転また逆転、冤罪事件の闇を描く傑作推理。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/22
    連載誌/レーベル
    文春文庫
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    • 2008/06/29Posted by ブクログ

       ノンフィクション・ライターとして働いている五十嵐友也は、自分の婚約者を昔、亡くした過去があった。不幸にも、当時騒がれていた連続婦女暴行殺人事件の被害者となってしまったのだ。しかしながら犯人は捕まり、...

      続きを読む
    • 2012/02/29Posted by ブクログ

      おー。

      かなり分厚い作品だったけど、ほぼ一気読み。
      いやいやいやいや、久しぶりに充実感。
      読み終わって、「おー」って思わず、声だしちゃった。

      いやいや、とにかく怪しい人三昧。
      何度か書いたけどこの...

      続きを読む
    • 2015/08/20Posted by ブクログ

      コレはすごかった。冤罪者ってタイトルだけに どこかで騙されてる、と自覚しながらよんでいたのに 騙され方が衝撃すぎ。
      後半は伏線をつなごうと必死に読んだけど どう読んでも糸が切れてしまう感じ。じれったく...

      続きを読む
    開く

    セーフモード