【最新刊】炎環

炎環

永井路子

682円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    京の権力を前に圧迫され続けてきた東国に、ひとつの灯がともった。源頼朝の挙兵に始まる歴史のうねりは、またたくうちに関東の野をおおいはじめた。鎌倉幕府の成立、武士と呼ばれる者たちの台頭――その裏には、彼らの死にもの狂いの情熱と野望が激しく燃えさかっていた。鎌倉武士たちの生きざまを見事に浮き彫りにした傑作歴史小説にして第52回直木賞受賞作!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/22
    連載誌/レーベル
    文春文庫
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    歴史・時代

    レビュー

    • 2014/01/28Posted by ブクログ

      大好きな永井路子の大好きな代表作にして直木賞受賞作。
      もう何度読んだかもわからないほどですが、久しぶりにまた読み返しました。
      まず、新装版になって文字も大きめ行間も広め、きれいで読みやすくなりました。...

      続きを読む
    • 2020/06/22Posted by ブクログ

      阿野全成、梶原景時、北条保子、北条義時をメインとして鎌倉の勃興・動乱期を描く。あとがきにもあるように、それぞれが独立した短編ではなく、全てが「歴史」という大きな流れの中で繋がり1つの物語。

      鎌倉府を...

      続きを読む
    • 2017/06/07Posted by ブクログ

      鎌倉という地で覇権を目指したそれぞれの野望を、それぞれの視点から読み解く展開に、これまで感じたことのない歴史の面白みを垣間見る。もちろん説話なので読み物としての面白みもエッセンスとして加わっている。著...

      続きを読む
    開く

    セーフモード