【最新刊】主婦の休暇 エッセイベストセレクション3

エッセイベストセレクション

田辺聖子

641円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    これぞ週刊誌エッセイの最高峰。読まずには死ねません!「女は、子供か金あったら、男要らんのん、ちゃうかしらん」「どうもそんな感じですね」「男は、どうしても女なしでは生きていけん種族」「それはある、たしかに」――。明るく暖かな女たちと、威張りつつもいじらしさを湛える男たちが、ともに楽しく生きる! おせいさんとカモカのおっちゃんの会話からは、そんな素敵な日本人の人生が浮かび上がってきます。1971年から16年の長きにわたり週刊文春に連載された「女の長風呂」シリーズから選び抜いた、ベスト・オブ・田辺エッセイ第3弾!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/22
    連載誌/レーベル
    文春文庫
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    エッセイ
    • エッセイベストセレクション 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      エッセイベストセレクション 全 3 巻

      1,923円(税込)
      19pt獲得

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

       「嘘つき男と泣き虫女」って本は、同じような内容でありながら途中から面白くなくなってくるような退屈な本でしたが、田辺聖子さんのこのエッセイは、下ネタいっぱいで最後まで猛スピードで楽しむことができました...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      「女の長風呂」シリーズを以前読んだ時に、ものすごい視点の鋭さを感じた一編「女のトイレ」が読めます。これだけでも読んでほしい!田辺聖子さんの筆力才知の深さを感じる文化文明論です。ずーっと昔に読んだのに、...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      久々のおせいさんとかモカのおっちゃんで、はじめ、大阪弁が外国語のようで、頭に入ってこなかった。けど、本音についての2人の掛け合いごろから、面白くて!
      来週の弧旅の連れに決めた。大阪弁に浸った頭で、初め...

      続きを読む
    開く

    セーフモード