時代ミステリ傑作選 逃亡記

山本周五郎

704円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    突如、命を狙われた武士とそれを助ける女。男が明かされた自らの素性と軍用金を巡る藩内の権力闘争。大きな渦に巻き込まれた武士は……。表題作にして名作「逃亡記」、南町奉行所を舞台に、左官職人を殺めた罪で投獄された女の取り調べを行うなかで浮かび上がる深川・しじみ河岸に生きる人々の姿を鮮烈に描く「しじみ河岸」など。市井に生きる人々の息づかい、生活、そして生き様を活写した名手の筆が光る江戸ミステリの傑作六篇。

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント
    • 山本周五郎の時代ミステリー小説を6篇、選りすぐった短篇集。市井を舞台に、どれも味わいがあって好いです。周五郎小説は、本筋がしっかり考えられているので安定感がありますが、ウィットに富んだ会話、艶っぽいお...

      続きを読む
    • 「改訂御定法」の直衛と佳奈の会話がウィットに富んでいて面白かった。

    • 横江半四郎は江戸から溝口家老の婿養子に勝手に兄が決めていた 家老屋敷に宴になり泥酔した 起きて下さい 若い女の声が 命が危ないのですと屋敷を抜け林を超え山へ入る 祠の中で話を聞く 信じられ無い話を 三...

      続きを読む
    • あの佳奈がと女房になればこんなにもと直衛は笑う 二人共相手に死なれ何度か食事する事に 佳奈の兄が来て 改新御定法が立行かなくと持ち掛ける 要屋が矢堂へ借財した訴えが出た 今回限りの奉行をと下調べをする...

      続きを読む
    • ★★★☆☆練馬2458-160

    セーフモード