【最新刊】水は海に向かって流れる 2巻

水は海に向かって流れる

田島列島

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

「俺がいなければ、この人の肩が濡れることはなかったのに」高校への進学を機に、おじさんの家に居候することになった直達。だが最寄の駅に迎えにきたのは見知らぬ大人の女性の榊さん。案内された家の住人は26歳OLの榊さんとなぜかマンガ家になっていたおじさんの他にも女装の占い師、メガネの大学教授といずれも曲者揃いの様子。ここに高校1年生の直達を加えた男女5人での一つ屋根の下、奇妙な共同生活が始まったのだが、直達と榊さんとの間には思いもよらぬ因縁が……。 久しぶりに始動した田島列島が自然体で描くのは家族のもとを離れて始まる、家族の物語。 「この人がいちばん怒っているのは自分自身になのかもしれない」 10年前、父が榊さんの母とW不倫の関係にあった。事実を知った直達はどうすべきか悩むが、一方の榊さんは余計な波風が立つことを嫌い何もなかったことにしたいと望む。事情を知るのは同級生の泉谷さんと同居人の教授、ニゲミチ先生、そして直達の父。静かな緊張感の中で共同生活を送る直達と榊さんの二人は次第に10年前の事件、そして今の自分に向き合い始める。

続きを読む
ページ数
177ページ
提供開始日
2019/12/09
連載誌/レーベル
別冊少年マガジン
出版社
講談社
ジャンル
少年マンガ
  • 水は海に向かって流れる 全 2 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    水は海に向かって流れる 全 2 巻

    1,320円(税込)
    13pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2020/03/02Posted by ブクログ

    いやあ、今回の田島先生の作品は、グサッときますねぇ、心に。敢えて、踏み込まなくても、いいのではと思うところに、突っ込んでいらっしゃる。

    しかし、長い人生では、そういうことも必要になる。きっちり、向き...

    続きを読む
  • 2019/08/20Posted by ブクログ

    淡々とじわじわ面白い。話自体は決して明るくはないのにキャラクター達の言葉のセンスに何度もクスッと笑ってしまいました。とても独特の雰囲気があり読んでいて心地良かったです。主人公達の状況はなかなかヘビーな...

    続きを読む
  • 2019/05/12Posted by ブクログ

    いやぁ、最高だね、今回も。モノローグと登場人物の心理との間の表現しない余白が、凄く読者の想像を掻き立てる。コレは前作「子供はわかってあげない」でもあったけど、より切れ味が上がって来てると思う。講談社は...

    続きを読む
開く

セーフモード