お狐奉公 十手婆 文句あるかい2

お狐奉公 十手婆 文句あるかい2

和久田正明

770円(税込) クーポン利用で385円獲得へ
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 385(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

2022/04/30 23:59 まで有効

獲得

悪を憎んで人を憎まず。十手お鹿と息子たちの、親子岡っ引き捕物始末。大店の女番頭の一人息子が拐しに遭うが、骸に……。「蟻の一穴、天下の破れ!」日本橋で呉服や小間物を商う江戸屈指の大店「桜子屋」の一番番頭お菊の一人息子が身代金目当ての拐しに遭うが、子供はすぐに骸となって家の前に投げ捨てられてしまう。母親のお菊にも怪しさが見え、十手婆お鹿はお菊の過去を探るが、下手人探しは妙な方向に。亡き亭主の遺言「蟻の一穴……」を胸に、お鹿と二人の息子の親子岡っ引きが追う先に、ついに黒幕が姿を現すが……。亡き亭主の遺言を胸に、お鹿の十手が悪を暴く!

続きを読む