【最新刊】京大的アホがなぜ必要か カオスな世界の生存戦略

京大的アホがなぜ必要か カオスな世界の生存戦略

酒井 敏

847円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    知の根幹が揺らいでいる。背景には、学問に対する社会の無理解・誤解・偏見があるのではないか……。現代人は何でも予測できると思いたがる。しかしながら、自然界は予定調和ではなく、予測不可能なカオスであり、生き延びるには「非常識なアホ=変人」が必要なのだ。「変人講座」が大反響を呼んだ「もっとも京大らしい」京大教授が、カオス理論やスケールフリーネットワークといった最先端の理論から導き出した驚きの哲学と「アホ」の存在意義、育て方を披瀝する。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/19
    連載誌/レーベル
    集英社新書

    レビュー

    • 2019/08/12Posted by ブクログ

      職場の上司から「この本、読んでみると良いよ」と言われ、お借りした本。大学における教養概念を考えていく上で、ヒントがたくさんあった。著者は京大の旧教養部・総人の教員であり、「アホ」や「ムダ」・「ガラクタ...

      続きを読む
    • 2020/02/05Posted by ブクログ

      生き物の社会構造と進化の構造を知り、多様性を理解するのにとても役立ちます。▼我々は、世界を樹形図構造的な因果の秩序でとらえがちです。しかし自然界は未来予測不能なカオス。そのカオスの世界はスケ―ルフリー...

      続きを読む
    • 2019/12/08Posted by ブクログ

      本書は京大の先生が「アホ」なことをする重要性を「マジメ」に書いた本という印象でした。
      1章、2章のカオスについての話は少々理屈っぽく読んでいて眠くなることもありましたが、3章以降の本題は読みやすかった...

      続きを読む
    開く

    セーフモード