【最新刊】殉愛─Lacrimosa─

殉愛─Lacrimosa─

妃川螢/イラスト:亜樹良のりかず

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「まさか、同業者だったとはな」 銃口を男の眉間に据えてトリガーにかけた恭一の指が震えた。―――いやおうのない経緯により、NYで亡き父のファミリーに属する暗殺者となった恭一。境遇を受け入れられず自棄になる恭一を優しく抱きとめてくれた紳士のレオン。やがてふたりは互いの身元を隠し愛し合うようになる。だが、レオンは敵対するファミリーの後継者だった。愛するひとに銃を向けなければならない運命に、恭一の心が悲鳴を上げる。「沈黙の掟」に縛られながらも互いが闇に誓った愛の行く末とは―!?

    続きを読む

    本作品には、一部過激な表現・描写が含まれていますので、ご購入はご自身の判断と責任において行ってください。

    提供開始日
    2019/04/12
    連載誌/レーベル
    ガッシュ文庫

    レビュー

    レビューコメント(2件)
    • 殉愛─Lacrimosa─
      2013/09/23

      面白いお話でした。こういうお話って誰かが悪者にならないとハッピーエンドでは終わらないからどうなるのかと思ったら、やっぱりそいつか、と思う人物が最低だったから情けで生かすようなことがなくさっぱりした

      Posted by ブクログ
    • 殉愛─Lacrimosa─
      2010/07/11

      ただの大学生だった恭一は、異母兄の陰謀により、マフィアに属する暗殺者にされる。
      その事を受け入れられず、自棄になった恭一の心と体を慰めた、レオンは対立するファミリーの後継者だった。
      危うい状況の中、愛...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード