【最新刊】馬楽(ばがく)のすすめ~馬も楽しむ乗馬術

馬楽(ばがく)のすすめ~馬も楽しむ乗馬術

1冊

著者:三木田照明

1,620円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

    音を楽しむのが音楽、馬を楽しむのが馬楽。「動かない馬」はいません。馬の言葉に耳を傾けてください。馬のメンタルトレーニングに心を配り、究極の人馬一体を!!2016年に『馬を楽しむ馬術』を上梓しました。ご愛読いただいた全国の皆様に深く感謝いたします。有難うございます。多くの人からご好評をいただきました。乗馬愛好家から、「馬術の本は難しいと決めつけていましたが、この本はやさしく書かれていて、一気に読んでしまいました」「Q&A、こんなことなかなか聞けないと思う質問があって良かった」「馬が大好きでしたが、もっと好きになりました」また、元教員の方から、「もっと早く読みたかった。分かりやすく楽しく教えられたかもしれない」乗馬経験の無い方から、「馬に乗ってみたくなりました」学生さんからは、「馬術を難しく考えていました。馬のことを第一に楽しみます」多くの反響に意を強くして2冊目を出します。感動こそ万能薬。「馬術の楽しさを伝えることしかできない」メンタルトレーニングが必要なのは人だけじゃありません。馬も人と同じです。人間語を話さないだけです。あらゆる方法で語り掛けてきます。・近づいた時に頭を高くするのは警戒し人をよく見る為です・耳を伏せるのも不愉快さを表し、鼻にしわを寄せているのは敵意剥き出しです。・頭を高くしてハミを着けないのは、乗られるのが嫌だと言っています。・乗って動きがぎこちないのは、緊張で体を固くしているか故障です。・真っ直ぐ歩かないのは、人のバランスが悪いか扶助が強すぎると言ってます。・手綱をグイッと引いてくるのは、口が痛いから引かないでくれと言っています。・人の足を噛もうとするのは、拍車が痛いと言っています。・蹴るのは人が余程酷いことをしているに違いありません。・障害を飛ばないのは、助走が適切じゃないか、人の随伴が不十分で口を引かれ、頭頸の自由を奪われていると言っています。馬の身になって注意深く接すると、馬の言葉がわかってきます。100パーセントじゃなくても、10パーセントわかるだけで会話は成り立ちます。(はじめから)■目次1 馬と生きる  豊畑  はじめの一歩  次の一歩  ほか2 馬と語る  主従関係  前に出せないんです  ハミ受け  ほか3 馬が紡ぐ出会い  モンキー・ロバーツ  爽馬くん  オニくん■著者 三木田照明

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/12
    出版社
    あさ出版
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード