【最新刊】レキシントンの幽霊

レキシントンの幽霊

村上春樹

499円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    古い屋敷で留守番をする「僕」がある夜見た、いや見なかったものは何だったのか? 椎の木の根元から突然現れた緑色の獣とそのかわいそうな運命とは。「氷男」と結婚した女は、なぜ南極に行こうとしたのか……。次々に繰り広げられる不思議で、楽しく、そして底なしの怖さを秘めた7つの物語。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/15
    連載誌/レーベル
    文春文庫
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2009/07/31Posted by ブクログ

      村上 春樹の【レキシントンの幽霊】を読んだ。

      まさに「喪失」の物語だ。七つの短編すべてが村上春樹のテーマと言われる「喪失」を描いている。

      短編という短い物語の中で、これぞ村上春樹という存在感をしか...

      続きを読む
    • 2008/08/19Posted by ブクログ

      ■どんな本?■
      村上春樹の短編集
      トニー滝谷も掲載されている

      ■本の良いとこ■
      レキシントンの幽霊意外、全部好き。
      村上春樹の短編集の中でも一番好き。

      ■本のイマイチなところ■
      中長編のものを無理...

      続きを読む
    • 2006/06/15Posted by ブクログ

      『トニー滝谷』が入っている短編集。しかし、ダントツオススメは、『めくらやなぎと眠る女』。その感想文を載せます。

      昔、友達の彼女を見舞いに行く途中にチョコレートを買った。
      友達とバイクで二人乗りで病...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002153442","price":"499"}]

    セーフモード