【最新刊】リターンマッチ

リターンマッチ

1冊

後藤正治

722円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    定時制高校の教壇に立って二十数年、子供たちの変化に脇浜義明は戸惑っていた。かつては「成績は悪いがケンカは強い」のが自慢の、ゴンタクレどもが集まってきたのに、いつからか「成績は悪くケンカも弱い」ひ弱な子らばかりになってしまった。成績で、生活環境で、いままでの人生を「負け続け」てきた彼らに、ひとつでもいい「勝つ」体験を知ってもらおうと、脇浜はボクシング部を創設する。それは彼自身の敗者復活戦でもあった。第26回大宅ノンフィクション賞受賞作。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/15
    連載誌/レーベル
    文春文庫

    レビュー

    4.5
    7
    5
    5
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/12/03Posted by ブクログ

       先に柳田邦男さんの本を読んだ際、激賞されていたので手に取ってみました。後藤さんの著作はちょっと前にも「スカウト」という作品を読んだところでした。
       さて、本書、舞台が「定時制高校のボクシング部」と...

      続きを読む
    • 2018/11/24Posted by ブクログ

      私は登場しないけど、前半に出てくるメンバー達と共に練習をしてたので、個人的にはあまりにもリアル過ぎるドキュメント。過不足なくリアルに表現されてます。ボクシング部だけでなく、西宮西高校自体が異例中の異例...

      続きを読む
    • 2018/09/04Posted by ブクログ

      なかなか熱いノンフィクションだった。最後の章にある主人公の教師脇浜義明の言葉「・・この頃思うんですわ。教育なんてもんはないんだと。せいぜいあるのは、こっちが汗をかいてやってみる。子供にやらせてみる。褒...

      続きを読む
    開く

    セーフモード