【最新刊】予言者 梅棹忠夫

予言者 梅棹忠夫

1冊

東谷 暁

1,018円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

    戦後の論壇に颯爽と登場し、大胆な変化を次々と予言した梅棹忠夫。その謦咳に接した著者が、彼の発言を多面的に読みなおし、その予言がいかにして実現していったのか振り返る。<目次>【プロローグ 実現した予言と失われた時代】【第一章 「文明の生態史観」の衝撃】異例ずくめの「出生作」/日本文化を機能論的に見直す/進歩的知識人からの批判・・・など【第二章 モンゴルの生態学者】京都町衆の生まれ/山登りで危うく放校に/京都学派と梅棹をつなぐ線・・・など【第三章 奇説を語る少壮学者】『モゴール族探検記』/激しい論争を呼んだ「妻無用論」・・・など【第四章 豊かな日本という未来】「ぼくはマルクスの徒です」/数十年後の日本文明を予測する・・・など【第五章 情報社会論の先駆者】情報の時代を生物学的に論じる/お布施の原理による経済学・・・など【第六章 イスラーム圏の動乱を予告する】「生態史観」は中東から/イスラーム原理主義の「伝染」/近代化とイスラーム・・・など【第七章 万博と民博のオーガナイザー】「万国博を考える会」の結成/グローバル時代論の先駆者・・・など【第八章 文化行政の主導者へ】文化を「開発」する/田園都市国家構想とその評価・・・など【第九章 ポスト「戦後」への視線】梅棹忠夫と司馬遼太郎/核武装の可能性による抑止/日本文明は終わりか・・・など【第十章 行為と妄想】見えないなりの知的生産/「あそび」と「学問」/文明史曲線の先にあるもの・・・など【エピローグ 梅棹忠夫を「裏切る」ために】思想家としての梅棹/あかるい虚無家/精神のキバ・・・など

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/15
    連載誌/レーベル
    文春新書

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード