【最新刊】夢の香り

夢の香り

石田衣良

102円(税込)
1%獲得

1pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    35歳の季理子は、中学生のころ夢で嗅いだ“男のにおい”が未だに忘れられない。それはどこか懐かしい、いくつものにおいが混ざり合った複雑なハーモニーだった。年を重ね、デートの誘いも減ってきたある日、海外紛争地帯に長期取材に赴く元同僚の壮行会のため、友人たちと集まった。あ、この男の香りは、あの夢のにすごく似ている……けれど、100%同じではない……。これは「忘れられない香り」の記憶をテーマとして競作されたアンソロジーの一篇です。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/15
    連載誌/レーベル
    文春文庫
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(23件)
    • 夢の香り
      2012/04/01

      8人の作家の、香りをテーマにした短編を集めたもの。
      こいうのを、”アンソロジー”というのでしょうか?


      実力のある作家さんばかりの作品なので、一つ一つの
      クオリティーは、とても高いと感じました。
      ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 夢の香り
      2013/03/09

      2012.3/25
      香りに関する短編集。
      香り昔の楽しかったこと、悲しかったこと、悔しかったことを鮮明に思い出させてくれる。香りは記憶と密接な関係。その通りだと思う。

      朝起きると、リビングからコーヒ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 夢の香り
      2012/09/27

      アンソロジーは‥↓↓↓
      ゆっくり/気軽に/自分のペースで読めるから‥
      なおかつ‥
      ワンプレートらんちみたく‥
      たくさんの美味秀作に出会えるから‥大好きです(*'-^)-☆
       
      ■□■□■□■□
       
      ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード