【最新刊】問題は英国ではない、EUなのだ 21世紀の新・国家論

問題は英国ではない、EUなのだ 21世紀の新・国家論

1冊

エマニュエル・トッド/堀茂樹・訳

896円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大ベストセラー『「ドイツ帝国」が世界を破滅させる』に続く第2弾! 現代最高の知識人、トッドの最新見解を集めた“切れ味抜群”の時事論集。テロ、移民、難民、人種差別、経済危機、格差拡大、ポピュリズムなどテーマは多岐にわたるが、いずれも「グローバリズムの限界」という問題につながっている。英国EU離脱、トランプ旋風も、サッチャー、レーガン以来の英米発祥のネオリベラリズムの歴史から、初めてその意味が見えてくる。本書は「最良のトッド入門」でもある。知的遍歴を存分に語る第3章「トッドの歴史の方法」は、他の著作では決して読めない話が満載。「トッドの予言」はいかにして可能なのか? その謎に迫る 日本オリジナル版。「一部を例外として本書に収録されたインタビューと講演はすべて日本でおこなわれました。その意味で、これは私が本当の意味で初めて日本で作った本なのです」(「日本の読者へ」より)【目次】日本の読者へ――新たな歴史的転換をどう見るか?1 なぜ英国はEU離脱を選んだのか?2 「グローバリゼーション・ファティーグ」と英国の「目覚め」3 トッドの歴史の方法――「予言」はいかにして可能なのか?4 人口学から見た2030年の世界――安定化する米・露と不安定化する欧・中5 中国の未来を「予言」する――幻想の大国を恐れるな6 パリ同時テロについて――世界の敵はイスラム恐怖症だ7 宗教的危機とヨーロッパの近代史――自己解説『シャルリとは誰か?』

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/15
    連載誌/レーベル
    文春新書
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    3.8
    25
    5
    4
    4
    14
    3
    6
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/12/31Posted by ブクログ

      「ヨーロッパとは何か? ヨーロッパとはドイツを怖がる全ての国民の連合。そして、この定義はドイツ人を含む」という冗談がかつてEU本部のあるブリュッセルで流行った、とトッド氏は言います。EU内一強となった...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2018/11/28Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/11/22Posted by ブクログ

      イギリスがEU離脱したことを受け、現在の主にEUの情勢を分析した一冊。

      著者がフランス人ということもあり、フランスによってる部分はあるものの、ヨーロッパ人が見たEU、アメリカ、そして日本の情勢を知る...

      続きを読む
    開く

    セーフモード