耳袋秘帖 赤鬼奉行根岸肥前

耳袋秘帖・殺人事件シリーズ

風野真知雄

639円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    若い頃、肩に赤鬼の刺青を彫る無頼をしながら、62歳で南町奉行まで昇り詰めた名奉行・根岸肥前守鎮衛(ねぎしひぜんのかみやすもり)。「大耳」の綽名を持つ彼が奇譚を記した随筆『耳袋』には、誰にも見せないもう1つの秘帖版『耳袋』があった。物を言う猫、続けて人が死ぬ井戸……根岸が同心の栗田、家来の坂巻とともに江戸の怪異を解き明かす「殺人事件」シリーズ第1弾!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/15
    連載誌/レーベル
    文春文庫
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    歴史・時代
    • 耳袋秘帖・殺人事件シリーズ 全 27 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      耳袋秘帖・殺人事件シリーズ 全 27 巻

      17,465円(税込)
      174pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(112件)
    • 2020/11/19Posted by ブクログ

      安定の面白さ。娯楽時代劇。
      加えて小説の中に描かれる人の機微や、政治の本質に触れる何気ないフレーズが、風野氏の持ち味。
      ”お上に不満のあるものがいてはならないというのは、為政者の傲慢だ“という一文にハ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2014/05/27Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2021/02/07Posted by ブクログ

      南町奉行根岸肥前守が活躍するシリーズ12
      大好きなシリーズで何度も読んでます

      お船手組の素直で安直な若者2人
      パワハラ上司の同心古川
      多重世界を信じる風変わりな伝次郎
      単純で血気盛んな鮫ニ

      根岸は...

      続きを読む
    開く

    セーフモード