【最新刊】看取り先生の遺言 2000人以上を看取った、がん専門医の「往生伝」

看取り先生の遺言 2000人以上を看取った、がん専門医の「往生伝」

1冊

奥野修司

774円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    治療こそ医師の使命だ。しかし、治らない患者はどうするのか。肺がん専門医として確固たる地位を築き上げていた岡部健医師は、病院での治療に限界を感じ、宮城県に緩和ケア医院を設立。末期がん患者の訪問介護に注力し、2000人以上を看取った。その岡部医師自身に胃がんが見つかったのは、東日本大震災の一年前だった。自らのがん、震災は、岡部医師の死生観を大きく変えた。医療と宗教の壁を取り払い、「臨床宗教師」の誕生に、死の直前まで取り組んだ。この本は、丹念な取材で知られるノンフィクション作家が170時間以上かけて、岡部医師の語る死生観、抗がん剤への疑問、在宅死、「お迎え」体験の意義などをまとめた「岡部医師の遺言」である。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/15
    連載誌/レーベル
    文春文庫

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード