【最新刊】パン屋再襲撃

パン屋再襲撃

村上春樹

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    堪えがたいほどの空腹を覚えたある晩、彼女は断言した。「もう一度パン屋を襲うのよ」。それ以外に、学生時代にパン屋を襲撃して以来、僕にかけられた呪いをとく方法はない。かくして妻と僕は中古のカローラで、午前2時半の東京の街へ繰り出した……。表題作のほか「象の消滅」、“ねじまき鳥”の原型となった作品など、初期の傑作6篇を収録した短編集。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/15
    連載誌/レーベル
    文春文庫
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.5
    72
    5
    13
    4
    21
    3
    33
    2
    5
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/08/07Posted by ブクログ

      この中に収録されている「ファミリー・アフェア」が好きすぎて、もう、何度でも読みたい!ってなった。
      兄と妹の話なんだけど、兄の方の性生活が奔放でおもしろいし、兄のテキトーなジョークとそれに対する妹の辟易...

      続きを読む
    • 2012/07/29Posted by ブクログ

      レビュー読んでみるとあまりお好きじゃない人もいるようで。

      しかしまぁ、「食べたいときは食べるし、食べたくないときは食べない。これは僕の胃であってお前の胃じゃない。」ということですかね。

      村上春樹作...

      続きを読む
    • 2015/01/18Posted by ブクログ

      「像の消滅」は芸術的な作品――閉鎖された動物園から老いた像を引き取るか
      どうかと言った協議になりその町は引き取るこはとになった。
      像と親密な関係にある飼育係りも一緒に来ることになった。
      ところがある日...

      続きを読む
    開く

    セーフモード