【最新刊】走ることについて語るときに僕の語ること

走ることについて語るときに僕の語ること

1冊

村上春樹

569円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    走ることについて語りつつ、小説家としてのありよう、創作の秘密、そして「彼自身」を初めて説き明かした画期的なメモワール。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/15
    連載誌/レーベル
    文春文庫
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    4.2
    262
    5
    112
    4
    103
    3
    43
    2
    4
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/02/15Posted by ブクログ

      何回目か忘れたけど読了。走ることが如何に氏の人格に影響を与えているかがわかる。私も実はこの本の影響で走るようになったのかも…?

    • 2020/02/12Posted by ブクログ

      What we talk about when we talk about love というレイモンドカーヴァーの短編集から本書のタイトルは取られているらしい。
      特徴的なタイトルで、読んでいる最中に英...

      続きを読む
    • 2019/12/29Posted by ブクログ

      走る時にクランプトンのラプタイルを聴いてjustと言うので聴き始めた。筋金入りのランナーだったが、トライアスロン、100kウルトラに進むのだな。僕が走る理由はメニエールを押さえ込む事であったし、百名山...

      続きを読む
    開く

    セーフモード