【最新刊】合本 菜の花の沖【文春e-Books】

菜の花の沖

司馬遼太郎

4,317円(税込)

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    江戸時代の後期、淡路島の貧家に生れた高田屋嘉兵衛は、悲惨な境遇から海の男として身を起し、ついには北辺の蝦夷・千島の海で活躍する偉大な商人に成長してゆく……。沸騰する商品経済を内包しつつも頑なに国をとざし続ける日本と、南下する大国ロシアとのはざまで数奇な運命を生き抜いた快男児の生涯を雄大な構想で描く一大巨編、待望の合本化!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/15
    連載誌/レーベル
    文春文庫
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    歴史・時代
    • 菜の花の沖 全 7 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      菜の花の沖 全 7 巻

      8,630円(税込)
      86pt獲得

    レビュー

    4.1
    174
    5
    68
    4
    72
    3
    29
    2
    5
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2009/05/13Posted by ブクログ

      なにがいいってタイトルがいい。

      「なのはなのおき」

      主人公である高田屋嘉兵衛(かへえ)の生き様そのものを指してるわけだけど、そんなん抜きにして言葉の響きそのものが好き。


      あらすじを書いて...

      続きを読む
    • 2013/03/31Posted by ブクログ

      読んだきっかけ:古本屋で50円で買った。

      かかった時間:7/2-7/22(21日くらい)

      あらすじ: 蝦夷地の主・松前藩は、アイヌの人々を酷使して豊富な海産物を独占していたが、この内実を他に知...

      続きを読む
    • 2011/04/11Posted by ブクログ

      司馬遼太郎記念館
      http://www.shibazaidan.or.jp/

      ひょんなことから、『司馬遼太郎記念館』てなものをみつけ、ちょっと寄ってみました。
      場所は近鉄奈良線 八戸ノ里駅から徒歩8...

      続きを読む
    開く

    セーフモード