【最新刊】逃北 つかれたときは北へ逃げます

逃北 つかれたときは北へ逃げます

能町みね子

712円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    嫌なことがあった日のストレス解消って? ヤケ食い、フテ寝、買い物とさまざまな発散方法があるけれど、私の現実逃避は「北」へ逃げること。北海道、青森、岩手、宮城からグリーンランドまで、私を待っていたのは自らのルーツを巡るアレコレで……。北を求めた10年間を描いた“逃北エッセイ”。俳優・千葉雄大との特別対談も収録。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/15
    連載誌/レーベル
    文春文庫
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    レビューコメント(17件)
    • 逃北 つかれたと...2018/09/19Posted by ブクログ

      能町みね子さんのエッセイ。

      北国(定義は著者参照)のとがったところとか、少しさみしいかんじのところとか、旅をしているところが魅力的。

      北国へ惹かれる気持ち、わかる。

      なにか、こう、惹きつけるもの...

      続きを読む
    • 逃北 つかれたと...2016/12/09Posted by ブクログ

      東北に行こうと思ったときに
      出会ってしまった「逃北」。

      ああ、もしかしたら私もそんな気分なのかもしれない。
      と、読み進むと、なんともいえぬおかしみが
      あって、北へ行くこと。寒さの中に飛び込んでいく
      ...

      続きを読む
    • 逃北 つかれたと...2017/02/06Posted by ブクログ

      とても面白かったです。北へ行きたくなりました。能町さんは特に名所には行かれてないのですが、訪れている土地が素敵で心惹かれました。さみしくていいな。恥ずかしながら、北上したのが国内で、しかも長野くらいま...

      続きを読む
    開く

    セーフモード