【最新刊】戦後の貧民

戦後の貧民

塩見鮮一郎

865円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    有史以来、庶民がもっとも貧困にあえいだのは、戦後の日本だった。70年前、日本各地に広がっていた、あの光景-敗戦後に現れた闇市、米兵慰安婦、赤線と青線。占領軍が闊歩する街中で、庶民は、孤児たちは、いかに暮らしていたのか?  『貧民の帝都』『中世の貧民』『江戸の貧民』に続くシリーズ第四弾。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/15
    連載誌/レーベル
    文春新書

    レビュー

    レビューコメント(4件)
    • 戦後の貧民
      2016/07/02

      貧民の帝都と同様に力の入った作品ではないかと感じた。とくに、筆者自身の体験もあるだけに迫力がある。占領下の日本の貧困層の悲惨さは余りクローズアップされていないだけに、貴重な内容であると思う。

      Posted by ブクログ
    • 戦後の貧民
      2015/11/15

      面白かったのだが、あまりに著者の反アメリカ視点が濃く出てしまっているようにも感じた。
      ただ、今では貴重になってしまった戦後を生き抜いた人の声を聞ける本だと思うと非常に価値がある。

      Posted by ブクログ
    • 戦後の貧民
      2016/04/10

      感想未記入。以下引用。

      ●時代がすぎ去れば、なかなかイメージするのがむつかしいのだけれど、当時はなにをして遊んでも、男たちの最終の目的は女性であった。江戸時代からつづき、維新後も永井荷風や吉行淳之介...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード