新撰組秘帖

中村彰彦

784円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    新選組隊士九人の苛烈なる生涯が蘇る!寡黙な巨漢・島田魁、近藤勇を撃った男・富山弥兵衛、最後の新選組隊長相馬主殿など、隊士の生死に宿る光と影を描いた傑作小説集

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(11件)
    • 2011/08/22
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    • 2013/01/15

      新選組の中では比較的有名でない隊士に焦点を合わせた短編集。硬質で淡々とした文章が、かえって胸に沁みる。
      一番のお気に入りは「五稜郭の夕日」。市村があまりに健気で哀れで、読んでいてそっと抱きしめたくなる...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2010/03/26

      隊士個人にスポットをあてた短編集。維新後を生きた隊士の話など。時代活劇ではなく実話を丁寧に記している感じ。すでに知っているエピソードも面白く読めました。いくつかの話は電車の中で泣いた!

      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード