木洩れ日に泳ぐ魚

恩田 陸

629円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

恩田陸にしか書けない、緊迫の舞台型ミステリー舞台は、アパートの一室。別々の道を歩むことが決まった男女が、最後の夜を徹し語り合う。初夏の風、木々の匂い、大きな柱時計、そしてあの男の後ろ姿――共有した過去の風景に少しずつ違和感が混じり始める。濃密な心理戦の果て、朝の光とともに訪れる真実とは。不思議な胸騒ぎと解放感が満ちる傑作長編!「一つの部屋に、男女が一人ずつ。具体的な登場人物はこの二人だけ。そして、章ごとに男の視点と女の視点が入れ代わる。読み進むうちに、どうやら、二人は今まで同居していて、引っ越しを決め、最後の夜を共に過ごそうとしていると分かってくる。そして、さらに読み進めれば、二人はある殺人事件に関わっているのかもしれないという予感がしてくる。……まだ、小説を読まないまま、先にこの解説を読み始めた人に伝えられるのはここまでです。」(解説・鴻上尚史)

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード