この国のかたち(五)

司馬遼太郎

509円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「葦原の瑞穂の国は神ながら言挙げせぬ国」(万葉集)――神ながらということばは“紙の本性のままに”という意味である。言挙げとは、いうまでもなく論ずること。神々は論じない。――神道や朱子学はわが国の精神史にいかなる影響を与えたか。日本人の本質を長年にわたって考察してきた著者の深く独自な史観に基づく歴史評論集。

    続きを読む
    • この国のかたち 全 6 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      この国のかたち 全 6 巻

      3,054円(税込)
      30pt獲得

    レビュー

    • ネタバレ
      2014/10/06Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2017/03/03Posted by ブクログ

      この国のかたち。第1巻。司馬遼太郎さん。

      司馬遼太郎さん(1923-1996)が、晩年に文芸春秋に連載していたエッセイ。
      歴史の逸話、地理、文化や宗教などの雑学が雑然と山積みされたオシャレな市場を...

      続きを読む
    • 2017/04/11Posted by ブクログ

      「この国のかたち3」司馬遼太郎さん。
      だいたい1992年くらいに連載されたもの。

      「ふむふむ」と「へ~」が満載の第三巻。
      神社仏閣めぐりとか、そういうの好きなんで。
      個人的には全六巻を楽しみに慌てず...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002152371","price":"509"}]

    セーフモード