【最新刊】原油暴落の謎を解く

原油暴落の謎を解く

岩瀬昇

865円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    石油の価格は、いったい誰が決めるのか?「今でも石油の価格は、OPECとセブンシスターズ(欧米の巨大石油資本企業)が裏で話し合って決めているのでしょう?」私たちの生活に大きな影響を与える石油価格。しかし今でもこうした誤解がはびこっている。商社に入社以来、40年以上にわたってエネルギー関連事業にたずさわり、現在はエネルギーアナリストとして活躍する著者が、石油価格のメカニズムをビジネスマン向けに徹底解説。また、エネルギーに関するグ海外のオピニオンを紹介しつつ、いまエネルギー事業が直面している構造変化と、それがもたらすであろう国際情勢の変化を論じる。<おもな目次>●第一章 原油大暴落の真相波瀾万丈の2016年が明けた/資源を「爆買い」した中国/シェールオイルの「強靭性」 など●第二章 今回が初めてではない資金ショートか、大油田発見か/強欲独占、ロックフェラー/非OPEC原油が勢いづく など●第三章 石油価格は誰が決めているかOPECとセブンシスターズが裏取引?/市場を動かす「先物取引」/中国勢の価格操作疑惑 など●第四章 石油の時代は終わるのか石油が枯渇する心配はない/シェール革命の何が「革命」だったのか/石油は「西から東へ」の時代に など●第五章 原油価格はどうなる?長期、短期の需要予測/隠された余剰生産能力/エクソンはなぜ読み違えたのか など

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/15
    連載誌/レーベル
    文春新書
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    4.2
    5
    5
    2
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/07/26Posted by ブクログ

      前前著「石油の埋蔵量は誰が決めるのか?」で、原油生産の仕組みや埋蔵量決定の仕組みなどを大変分かりやすく解説した著者が、2016年に入って価格が暴落した原油の価格決定の仕組みについて解説した本。書名の「...

      続きを読む
    • 2017/05/01Posted by ブクログ

      客観的なデータが豊富。原油価格決定の仕組みが大変詳しく解説されている。原油取引理解のためのテキストと言える。

    • ネタバレ
      2017/02/12Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード