【最新刊】国のために死ねるか 自衛隊「特殊部隊」創設者の思想と行動

国のために死ねるか 自衛隊「特殊部隊」創設者の思想と行動

伊藤祐靖

815円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    もっとも死ぬ確率が高い特殊部隊の創設者が語る究極の組織論。新安保法制が施行され、「自衛隊員の戦死」が現実味をおびてきた。しかし、今の日本という国家に「死ね」と命じる資格はあるのだろうか。国のために死ねる人間を作るにはどうしたらいいのか――。【著者プロフィール】1964年生まれ。日本体育大学から海上自衛隊へ。防衛大学校指導教官、「たちかぜ」砲術長を経て、イージス艦「みょうこう」航海長に。在任中の1999年、能登半島沖で不審船と遭遇。この事件を契機に創設された海上自衛隊内初の特殊部隊「特別警備隊」に配属され、現場突入部隊の初代指揮者として足かけ8年間在籍。42歳で退官し、ミンダナオ島に拠点を移し、日本を含む各国の警察、軍隊を指導。現在は日本の警備会社のアドバイザーを務めるかたわら、私塾を開いて、みずからの知識、技術、経験を後進へ伝えている。【おもな目次】第一章  海上警備行動発令北朝鮮戦闘員の目/初めての海上警備行動/警告射撃開始 など第二章  特殊部隊創設特別警備隊準備室/レンジャー訓練の実態/自衛隊は弱いのか など第三章  戦いの本質拉致被害者を奪還できるか/相手に勝つということ/平時と非常時/常識を捨てられない問題 など第四章  この国のかたちあなたの国は、おかしい/トロい奴は餌/危うい行動美学 など

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/15
    連載誌/レーベル
    文春新書

    レビュー

    • 2018/11/10Posted by ブクログ

      任務として「死を覚悟する」驚きを隠せないがよく考えると軍人の覚悟として必須
      われわれは平和憲法ぼけしてしまっていて、自分の国家を守る意識すら失っている
      現世利益の最大化に品性が堕してしまい、国家の勢い...

      続きを読む
    • 2016/10/19Posted by ブクログ

      文春新書のデザインのせいもあって、このタイトルがよりキツく迫ってくる感じがしますね(笑
      センセーショナルなタイトルですが、別にイデオロギー的なイロモノ本ではなく、著者の経験を元にちゃんとパッケージング...

      続きを読む
    • 2016/08/06Posted by ブクログ

      陸軍と海軍の意思疏通の方法の違いが面白かった。
      「海軍型意思疎通」
      ・・・ 船全体で生死をともにし、船内における意志疎通は比較的簡単、よって船長が判断し、各部署は船長の判断の材料となる情報をあげ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード