【最新刊】夜道の家族

空中庭園

角田光代

102円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    小泉今日子主演で映画化された『空中庭園』のみじかい続篇。あの頃ミーナは、京橋家の息子コウの家庭教師/父(タカぴょん)の愛人だった。それから3年、ミーナの家に深夜、ファクスが届いた。「ミーナ先生へ。 突然のファクスごめんね。本日午後四時すぎ、母、木ノ崎さと子が永眠いたしました。」ぴょん妻からの、葬儀の知らせだった。あの家族、今はみんなどうしてるんだろう? 好奇心で訪れた郊外の斎場でミーナが見たものは……これって希望なんだろうか?

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/15
    連載誌/レーベル
    文春文庫
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    文芸
    • 空中庭園 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      空中庭園 全 2 巻

      661円(税込)
      6pt獲得

    レビュー

    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      婦人公論文芸賞 を とられた作品ですね




      直木賞の候補作だったと思います・・




      受賞は しなかったけど すばらしい作品です
                 

      角田光代 さんの 物語 私 好...

      続きを読む
    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      唐突に出てくる前世占いとう設定が、妙に生々しかった。男と女は、恋の病に罹ると、必ずスピリチュアルなものへ依存し、破滅する。いま目の前の人を見ることが出来なくなる。

      ちなみに、ぼくの前世はクピドらしい...

      続きを読む
    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      やはり、角田光代はすごいなと思う。僕はボキャブラリーが乏しいので、この凄さをうまく説明できない

      のがもどかしい。文章技法がすごいとかストーリーの展開がうまいとかそういう事ではなくて(そういう

      こと...

      続きを読む
    開く

    セーフモード