【最新刊】火山で読み解く古事記の謎

火山で読み解く古事記の謎

蒲池明弘

968円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    なぜ古事記は火山地帯をおもな舞台としているのか?古事記における大きな謎のひとつは、九州南部と出雲の二か所が神話の舞台として繰り返し登場することです。その謎をとく鍵は、その二か所が日本列島で有数の火山エリアであるというシンプルな事実から見出されるのではないでしょうか。縄文時代の半ばごろの今から7300年前、鹿児島県の南端の沖合いで「鬼界カルデラ大噴火」という、噴煙の高さが海抜43キメートルにもおよんだと推定される、すさまじい規模の噴火がありました。日本史上、いや、この一万年間では地球上で最大の噴火ともいわれる規模でした。その巨大な火山噴火に遭遇した縄文時代の人々の、驚きや畏怖の感情が、古事記神話の「種」になったのではないか? そう思い描いてみると、神々の物語はまったく違った相貌を見せてくれます。地質学データ、文献、足で集めた情報をもとに古事記神話の謎に挑戦する意欲作!火山と古事記を結びつける本や論文を紹介するガイドブックであり、九州、出雲、熊野という古事記神話の舞台への旅にいざなうガイドブックです。<目次>第一章 アマテラスと縄文時代の巨大噴火第二章 出雲――八雲立つ火山の王国第三章 縄文時代に出現した天孫降臨の山第四章 女神イザナミ――黄泉の国は火山の国か第五章 熊野――謎の巨大カルデラの記憶第六章 大地を鎮める王――永遠に遍歴するヤマトタケル終章 日本列島における火山の記憶

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/15
    連載誌/レーベル
    文春新書
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    4.3
    3
    5
    1
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/12Posted by ブクログ

      連城三紀彦の『女王』を読んで以来、どの本を読んでも、ストーリーが噛み合ってこなくって。
      つまり、こういう時はどんな小説を読んでもダメなんだろうなーと。
      じゃぁ何を読もうか考えていたら、初めてコメントを...

      続きを読む
    • 2017/08/29Posted by ブクログ

      なかなか刺激的な論考であった。著者の非専門家である故の一歩引きながらも、様々な角度からの丁寧な説明は、多少くどっかたり飛躍しすぎかなと思うところもあるが、全体的には、なかなか説得力があったと思う。ただ...

      続きを読む
    • 2019/01/14Posted by ブクログ

      日本神話を火山活動に重ね合わせて読み解く。火山灰によって長期間太陽が陰ったことが天の岩戸の話になったという説には説得力を感じる。
      スサノオやヤマタノオロチの蛮行や見た目を火山と解釈するのも少し強引なよ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード