【最新刊】かげゑ歌麿

かげゑ歌麿

高橋克彦

753円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    水谷豊主演でドラマ化された話題作、待望の文庫化!礼金と引き替えに世の悪党どもを退治する殺し屋・月影。追う北町奉行筆頭与力・仙波一之進は、事件現場に倒れていた娘を救う。が、娘は記憶を失っていた。仙波は平賀源内に依頼し、エレキテルで娘の記憶を呼び起こそうとする。施療のあと、娘の口をついて出た言葉は「おっとつぁんは歌麿」。滞在していた房総から呼び戻され、歌麿は娘と涙の顔合わせを果たす。ところが、殺人現場を見られたかもしれないと考えた月影が娘を誘拐した。娘を取り返すべく、月影の呼び出しに応じる歌麿だが…。表題作など3編収録。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/15
    連載誌/レーベル
    文春文庫
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(6件)
    • かげゑ歌麿2016/12/23Posted by ブクログ

      先にドラマを見てしまったので、ドラマのイメージが消えるまで待って読みました。

      老中松平定信と歌麿の軋轢に、裏麿の過去が絡み事件が起きる。その中で、歌麿の絵師としての覚悟、時代を切り開く強い気持ちが描...

      続きを読む
    • かげゑ歌麿2019/09/21Posted by ブクログ

      久しぶりに歌麿登場。
      作品中で見せるかなり攻撃的な姿は、謎の浮世絵師というイメージとややかけ離れたものですが、シリーズの魅力は安定しています。

    • かげゑ歌麿2016/05/07Posted by ブクログ

      春朗や歌麿さんの絵に賭ける情熱にじーんとしました。
      ドラマも見たけどドラマ版はもうちょっと歌麿さんがエキセントリックに描かれてましたね(笑。
      水谷さん、あれで時代劇初だったとは~。
      最後の座談会もおも...

      続きを読む
    開く

    セーフモード