【完結済み】このごろ少し神経症 大原さんちのダンナさん

大原さんちシリーズ

完結

大原由軌子

458円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

干物女のユキコは、家事全般に長け子ども好きな良き夫とスピード結婚。ただし、ダンナさんは神経症だった……。ポテチを箸で食べる、鍵をかけたか何度も確認、外出時には帽子&マスク着用、多種多様な薬を常用……。そんなダンナさんとの出会いから第一子誕生までを爆笑のコミックエッセイに! 心のカゼは、夫婦で明るく乗り切ろう!

続きを読む
ページ数
216ページ
提供開始日
2019/04/15
連載誌/レーベル
文春文庫
出版社
文藝春秋
ジャンル
青年マンガ
  • 大原さんちシリーズ 全 4 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    大原さんちシリーズ 全 4 巻

    1,873円(税込)
    18pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューコメント(11件)
  • 息子がいじめの加...2021/02/24

    内容は面白かったのですが、気をつけてくださいね。イーブックスには、こ例外に、ほぼ同じ内容の増補版の本があり、それを続刊として進めてきます。
    増補版が読みたいなら、構いませんが、内容はかなり被ってますの...

    続きを読む
  • 大原さんちのムス...2014/11/17Posted by ブクログ

    大原さんちの子ども達がかわいい。好きな育児漫画です。大原さんはパニック障害で、これまでの漫画を読んできても別世界の人?という気分でいたけど、自分のことを変えようとしててすごく努力家だと思った。いいお父...

    続きを読む
  • 子どもが天使なん...2010/07/07Posted by ブクログ

    自分んちと比べてみたりして、実際に子育て経験のあるヒトには面白いかも。とりあえず読み終わった一番の感想は、私はこのご主人とは一緒に暮らせないなあということだった。大原さん、えらいなあ。

開く

セーフモード