【最新刊】炎熱商人(下)

炎熱商人

深田祐介

641円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    所長・小寺の誠意と情熱、日比混血のローカル社員フランク・佐藤や出向社員石山たちの努力で本社の要求を満たし、業績をあげたマニラ事務所は「支店」に昇格した。小寺の抱く理想、若い石山と女学生レオノールとの国際恋愛、そして支店の業績も、いまや順調に実を結びはじめるかに見えた。だが、本社の思惑と支店の考えのズレ、日本人とフィリッピン人の間の感情のもつれ、そして今に尾を引く戦争の傷跡、次々と新たな難問が生じ、ついに最悪の事態が……。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/15
    連載誌/レーベル
    文春文庫
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    文芸
    • 炎熱商人 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      炎熱商人 全 2 巻

      1,246円(税込)
      12pt獲得

    レビュー

    • 2011/12/04Posted by ブクログ

      昔の直木賞作品らしいけれども、ここまで読み応えある直木賞作品をかつて読んだことがない!
      人間は崇高な理想を持ちたい、でも持てない、立派にいたい、でもおろかな事をしていしまう。そんな理想と現実に揺れ動く...

      続きを読む
    • 2012/07/23Posted by ブクログ

      昭和40年代、反日感情が色濃く残るフィリピンでの日本の商社の物語。25年前に一気読みした覚えがあり、ふと思い出し古本を探して再読。面白かった。実話がベースで某商社ではバイブルになっていたとか。

    • 2017/03/27Posted by ブクログ

      複数巻の長編を平行に読破しよう月間。フィリピンでのラワン材買い付けと、現地のリーダーに抜擢された日系人の戦時中の思い出をクロスさせつつ、ドラマチックに描く。

      なかなか分厚い本なのだが、文章もストーリ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード