【最新刊】あしたはれたら死のう

あしたはれたら死のう

太田紫織

743円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「わたし」はどうして死んだの?自殺未遂の末、記憶喪失になった少女。亡くなった同級生と自らが残した謎を辿る。『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』シリーズの太田紫織の新境地!なぜ、私は「あしたはれたら死のう」と書いた翌日、橋から飛び降りたのか――。自殺未遂の結果、数年分の記憶と感情の一部を失った少女、遠子。そのとき一緒だった同級生男子の志信は亡くなったが、周囲も、遠子自身もなぜ自分たちが死を選ぼうとしたのか、わからない。唯一の手がかりはSNSに残された日記だけだった……。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/15
    連載誌/レーベル
    文春文庫
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(11件)
    • あしたはれたら死のう
      2016/12/11
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    • あしたはれたら死のう
      2018/03/13

      入水自殺を図った遠子は一命をとりとめるが、感情の一部と、記憶の一部、そして味覚を無くしてしまう。

      「なぜ自分は死のうとしたのか」答えを探す話になっている。

      苦さは残るけれど、明日に向かう終わり方だ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • あしたはれたら死のう
      2017/02/11

      心中から生き残った女子高生。記憶をなくして自殺の原因が自分も周囲もわからない。家族や教師も隠し事があるようで …。明らかになる事実は唐突な感じもあったけど、最後まで面白く読めた。

      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード