【最新刊】給与も賞与も、社員みんなで決めてます―――働きがいN0.1企業になった小さな会社の物語

給与も賞与も、社員みんなで決めてます―――働きがいN0.1企業になった小さな会社の物語

著者:新免玲子

1,540円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    こんな会社みたことない!「ぜんぶ、みんなで決める!」は創業の初めから。でも試行錯誤の連続でした…「日本でいちばん働きがいのある会社」はどんなふうにつくられたのか?「給与も賞与も社員みんなで決める」などと言うと、誰だって「あり得ない」と思うでしょう。経営者は「冗談じゃない」と考えるし、社員も同僚、部下に決められるのは嫌がるはず。けれどアクロクエストは毎年、侃侃諤諤(かんかんがくがく)の議論の末に、経営者も新人も一緒になって、社員全員の給料や賞与はもちろんのこと、様々な社内ルールまで決めているのです。「職場がギスギスするのでは…」との懸念をもつ人もいるかもしれないが、それで過去4年中3回の「働きがいランキングNO.1」を獲得! もちろんこれは、一朝一夕で可能になったわけではありません。著者の、30年近い努力の結果です。新免氏がどのようにこの不思議な会社をつくり上げたのか。本書は著者の、社員への愛と試行錯誤の物語です。 ■目次●1章 社員みんなが自由に意見を言える会社にしたかった    なぜ、私たちの会社が選ばれたのか?    賃貸マンションの一室から社員5人でスタートした    創業期から、給与は「みんなで話し合って」決めた    中途採用から、思い切って新卒採用に●2章 「みんなでみんなを査定」の試行錯誤とその結果    大卒の大量採用で会社がガラッと変わった    査定方法をブラッシュアップ、社員の納得感を高める    これが、社員全員が納得する「査定プロセス」です    大激論のコメント発表会。    査定会によって本来の能力を    全体査定の「困った! 」は●3章 「とことん本音で話し合う」が、すべての根っこです    「全社禁煙」も全体会議で決めました    「全体会議」の改善のためなら何でもあり!     上司、先輩を疑いなさい    トラブルが起きたときこそ、教育のチャンスです●4章 人を育てるためなら、チャンスはぜんぶ使います    スキルより「マインドセット」が大事    他●5章 社員のみんなに感謝の気持ちでいっぱいです    「不夜城」と呼ばれていた会社からの「脱皮」    なかなか順風満帆とはいきません    足元を固めてさらに一歩ずつ前に    やってきたことは間違っていなかった!     「決算賞与」を喜ばない社員たち■著者 新免玲子

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/04
    出版社
    あさ出版
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    レビューコメント(1件)
    • 給与も賞与も、社...
      2019/07/21

      「みんなで決める」ことが、正しいとは思っても難しいことは、誰もがわかっていることです。

      でも実際は難しい。

      難しい、とそのままにせず、実際に挑み、実際にやってみることで働きがいNo1になった企業の...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード