【完結済み】我が名はネロ 1

我が名はネロ

完結

2冊

安彦良和

600円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    電子書籍で復刊! 「機動戦士ガンダム」の安彦良和氏が描く、暴君ネロの激動の人生紀元1世紀、実母・アグリッピナの計略により16歳にしてローマ帝国を手に入れた皇帝ネロ。家庭教師セネカの指導のもと、安定した治世を敷く一方で、正妻の側女・アクテを寵愛し、奴隷の剣闘士・レムスを側に置くなど奔放な生活を送っていた。肉欲にふけり自分から離れていくネロに、母・アグリッピナは激しく干渉するが、ネロはさらに反発。そしてある恐ろしい計画を企てる――ローマの姿は今日の社会そのままといっていいでしょう。爆薬も車も電気器具も立派なキリスト教会も無いけれど、ネロの時代は、そしてネロの精神の在り様は、たぶんそのまま現代につながると思います。そして、そう思ったのが、僕がこのお話を描いた理由です。(作者あとがきより)

    続きを読む
    ページ数
    254ページ
    提供開始日
    2019/04/08
    連載誌/レーベル
    文春デジタル漫画館
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    青年マンガ

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード