【最新刊】劉備と諸葛亮 カネ勘定の『三国志』

劉備と諸葛亮 カネ勘定の『三国志』

1冊

柿沼陽平

968円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    三国志の英雄は全員悪人!?気鋭の歴史学者が歴史学の知見をふまえて、これまでの常識をくつがえす!小説、映画、マンガ、ゲームを通じて幅広い世代に受け入れられている三国志。多くの場合、主人公は劉備で、きまって「つねに民を思いやる仁君」として描かれる。その脇には彼を支え続けた天才的軍師、諸葛孔明がひかえている。ところが歴史学の手法を駆使すると、まったく違う姿が浮かびあがる。本書で示される驚愕の事実とは・・・・劉備は競馬好き、学歴詐称で、親不孝なボンボン。・劉備はヒゲがないことがコンプレックスだった。・諸葛亮は軍略をたてるのが苦手。・関羽・張飛は劉備にカネでスカウトされた。物語では美化されてきた二人だが、彼らの家柄や「財布の中身」に着目すると、本当の姿が見えてくる。また本書では他の群雄にもスポットをあてている。・呂布の赤兎馬はポニーなみに小さかった・三国志の英雄たちはいつも資金繰りに悩んでいた・董卓は暴君だったのか?・袁術、袁紹の「二袁児」は声望を集めながら、滅びたのはなぜか?・曹操はどのようにして財源を確保したのか?あなたの知らない「三国志」がここにある!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/08
    連載誌/レーベル
    文春新書

    レビュー

    4
    3
    5
    1
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/06/18Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/07/24Posted by ブクログ

      三国志のメイン登場人物である劉備と諸葛亮を物語的な英雄としてではなく、国家と経済の運営者として分析する。

      三国志の良心として語られる劉備だが、実際は聖人君子どころか、資金難に追いかけられ、関羽や張飛...

      続きを読む
    • 2018/06/23Posted by ブクログ

       三国志に登場する劉備といえば民おもいの名君で、諸葛亮は天才軍師・・・ところが最新の研究では、こうした「常識」に疑問が生じている。本書では単なる物語ではなく、史実にもとづき、さらには彼らのカネの動きを...

      続きを読む
    開く

    セーフモード