【最新刊】学びなおし太平洋戦争4 日本陸海軍「失敗の本質」

学びなおし太平洋戦争

半藤一利・監修/秋永芳郎/棟田博

815円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    昭和20年8月15日、日本はポツダム宣言を受諾、ついに終戦を迎えた。開戦からあしかけ5年、太平洋戦争とはいったい何だったのか。硫黄島、沖縄、特攻隊、広島・長崎への原爆投下……。70年前に、日本人が体験した悲劇を繰り返さないためにも、戦争の全貌が読み継がれるべきではないか。稀代の戦記作家が書き残した、半藤一利監修の全4巻、ここに完結!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/08
    連載誌/レーベル
    文春文庫
    • 学びなおし太平洋戦争 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      学びなおし太平洋戦争 全 4 巻

      3,260円(税込)
      32pt獲得

    レビュー

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      太平洋戦争を通しで知れるかと思い購入。もとは昭和37年刊のジュニア版のせいか、漢字すべてにルビが振ってあってちょっと邪魔。陸軍は詳しくないし、海軍もそんなに知ってるわけじゃないけど説明が足りないと感じ...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      【半藤一利監修の全四巻、ここに完結!】昭和二十年八月に至る、日本軍と日本人の悲しみの歴史。硫黄島、沖縄、原爆。あの敗戦から現代人は何を学び取ればよいのだろうか?

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      【快進撃から暗雲立ち込める戦況へ】ビルマ侵攻作戦からガダルカナルを経て、中国大陸の重慶攻略作戦まで。ミッドウェーでの山本五十六苦渋の決断も描くシリーズ第二巻。

    開く

    セーフモード