まつらひ

村山由佳

1,324円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    『ダブル・ファンタジー』『ミルク・アンド・ハニー』……。次々に問題作に挑んできた恋愛と官能小説の第一人者が、多様な“性”を描きつくす!「夜明け前」――長野県御代田町の農園に嫁いだ舞桜子は、伝統の〈龍神まつり〉が近づくたび、夫と激しくもつれ合う艶夢を見る。龍伝説の裏に隠された忌まわしい秘密とは……。「約束の神」――ピアノ教師の友晴はかつて、幼なじみの剣児を〈神〉と崇め、永遠の約束を交わした。人気歌手となった彼と故郷・岩手県黒石町の裸祭〈蘇民祭〉に参加するが……。「分かつまで」――写真家の秋実は、ふたまわり年上のライター穂村と、福島県の〈相馬野馬追〉を撮影に訪れた。父親のような男しか愛せない彼女はやがて、穂村の秘密を知り……。ほか三篇を収録。〈祭〉と〈日常〉、ハレとケの裂け目をめぐる、六つの禁断の物語!

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/06/13Posted by ブクログ

      2020.6.6


      祭事、供物、神事、性行
      そして情愛

      「祭」をテーマにしたこの作品に潜む影こそ、儀式のように畏れるような「陰」の艶めきを描いている。
      村山さんの最近の、毒親やセックスレスなどで酷...

      続きを読む
    • 2019/11/25Posted by ブクログ

      この本で心震わすことができる、大人の女で良かったと思う。『日本の祭』をテーマにした短編集であるが、どの話も長編で読みたい!と思うほどクオリティが高い。祭の描写はもちろん、官能・SF・同性愛….様々な要...

      続きを読む
    • 2019/03/14Posted by ブクログ

      初出 2014〜15年「別冊文藝春秋」、2016〜19年「オール讀物」の6短編

      タイトルは「祀らふ」の連用形の名詞化。
      色々な女性の生々しいまでの生き方を描こうとしている。

      長野で農家を嗣いだ夫が...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002149263","price":"1324"}]

    セーフモード