【最新刊】復活祭

復活祭

馳 星周

968円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    〈失われた10年後、あの男たちが帰ってきた! そのとき裏切られた女は……〉80年代後半、土地と株の高騰に沸いた東京。バブルの絶頂期の都会を舞台に、若き「持たざるもの」の青春の暴走と破滅を描いた名作『生誕祭』。ボリュームを感じさせない疾走感と、入り乱れる男女の愛憎、最後まで敵味方のわからないコンゲームは、北方謙三氏からは「バブルという、現実に社会や人を狂わせた時代を、象徴的に描ききっている。時代の狂気を背景にすることによって、ノワールとも呼ぶべき新しいジャンルを主張」と評された。そして10年後、再び主人公の彰洋と彼の敬愛する美千隆が動き出した。バブルが崩壊して10年、彼らが運命を狂わした女たち――麻美と早紀がすべてを失ってから10年の歳月を経て、どん底だった日本の経済は一部の産業の復活の兆しがみえている。インターネットという実態のないものに金が集まる、いわゆる“ITバブル”時代が到来したのだ。「失われた10年」の雌伏後も彼らの夢は変わらない。マンハッタンにでかいビルを建ててやる――そのために選んだのが、IT産業だ。関連企業を立ち上げて目指すのは株式公開、その株の価値を上げて売買を行うだけで、実態を伴わない億単位の金が動く。バブル時代と同じように、彰洋と美千隆は新会社メディアビジョンを興すと休息もないままに動き回り、上昇は成功していくかに見える。しかし二人がかつて裏切り、現在はしがないクラブの雇われママの麻美はそれを許すはずがない。自分のパトロンであり詐欺師の桜田、そして彰洋の恋人だった早紀にも誘いをかけ、ふたりの儲けを掠め取る計画を開始する。IT時代の寵児たちをも連想させる重要人物と、複雑な心情をお互いに抱く男女たち。いずれ土地バブルと同じようにはじける運命の時代の中で、勝ち抜くのはいったい誰か? 馳星周王道の裏切りと哀しみが躍動する、一級のエンタテイメント作品。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/08
    連載誌/レーベル
    文春文庫
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(4件)
    • 復活祭
      2017/06/10

      馳星周『復活祭』文藝春秋。

      『生誕祭』の10年後を描いた続編。ひたすら大金を追い求めることに執着する男女を描いたクライム・ノヴェルである。続編であるのだが、馳星周の描いた小説だけに、最初から泡沫のよ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 復活祭
      2017/12/29

      2017年6月に文庫化されたからか、突然書店で目について買ってしまった。
      馳星周は1年に1回ぐらい無性に読みたくなる作家。めんど臭いことは忘れて、とりあえず小説のスピード感に身をゆだねたくなる時だ。
      ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 復活祭
      2018/02/06

      駄作。早紀さん、お父様の負債は相続放棄したらいいじゃないですか。あとこれITバブルをバカにしすぎ。エンジニアのことおたくたち、とか、中身のない会社ばかり、とかw ライブドアの事をモデルにしてるんだろう...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード