さよならの手口

若竹七海

875円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    探偵を休業し、ミステリ専門店でバイト中の葉村晶は、古本引き取りの際に白骨死体を発見して負傷。入院した病院で同室の元女優の芦原吹雪から、二十年前に家出した娘の安否についての調査を依頼される。かつて娘の行方を捜した探偵は失踪していた――。有能だが不運な女探偵・葉村晶が文庫書き下ろしで帰ってきた!

    続きを読む
    • 葉村晶シリーズ 全 6 冊

      未購入の巻をまとめて購入

      葉村晶シリーズ 全 6 冊

      4,668円(税込)
      46pt獲得
    新刊を予約購入する

    レビュー

    レビューコメント(528件)
    • 2017/03/18

      前作から10余年。
      勤務先の廃業とともに探偵を休業中の葉村晶はミステリ専門書店でバイトをしていた。
      ある日、古書を回収しに行った家の床板を踏み抜き、床下に埋められていた白骨死体に頭突き。
      肋骨を2本折...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2016/12/16
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    • 2016/12/29

      若竹七海『依頼人は死んだ』文春文庫。『静かな炎天』が面白かったので、シリーズ第1作から読んでみることにした。女探偵・葉村晶の活躍を描いた連作短編集。9編を収録。

      扱う事件が事件らしからぬ故か、とても...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード