依頼人は死んだ

若竹七海

672円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    女探偵・葉村晶(あきら)は探偵事務所からの仕事で生計をたてながら、時に家族がらみの無料捜査も押し付けられる、何でも屋だ。念願の本を出版し、結婚直前だった順風満帆の婚約者はなぜ自殺したのか? 受けてもいない健康診断の、ガンを知らせる通知書が届いた意図は? 瀟洒なプチ・ホテルに集う常連に隠された惨事とは? 彼女に持ち込まれる事件の真相は、少し切なく、ぞくっと怖い。構成の妙、鮮やかなエンディングにうならされる、みごとな連作短篇集。

    続きを読む
    • 葉村晶シリーズ 全 6 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      葉村晶シリーズ 全 6 巻

      4,668円(税込)
      46pt獲得

    レビュー

    • 2017/03/18Posted by ブクログ

      前作から10余年。
      勤務先の廃業とともに探偵を休業中の葉村晶はミステリ専門書店でバイトをしていた。
      ある日、古書を回収しに行った家の床板を踏み抜き、床下に埋められていた白骨死体に頭突き。
      肋骨を2本折...

      続きを読む
    • 2016/12/29Posted by ブクログ

      若竹七海『依頼人は死んだ』文春文庫。『静かな炎天』が面白かったので、シリーズ第1作から読んでみることにした。女探偵・葉村晶の活躍を描いた連作短編集。9編を収録。

      扱う事件が事件らしからぬ故か、とても...

      続きを読む
    • 2016/12/21Posted by ブクログ

      若竹七海『静かな炎天』文春文庫。2017年版のこのミス第2位というからには読まずにはいられない。シリーズの何作目かというのも重々承知。シリーズの既刊4冊を大人買いし、手始めに本作を読むことにした。

      ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002149139","price":"672"}]