関所破り定次郎目籠のお練り 八州廻り桑山十兵衛

佐藤雅美

743円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    相州と上州、それぞれの関所破りの意外な始末。上州玉村で道案内が殺され、道案内を殺した定次郎は子分を連れてそのまま姿を消した。同じころ、保土ヶ谷の道案内角太郎を殺した河童の六こと六蔵を追って、八州廻りの桑山十兵衛は河童の六の出身、相州の松田まで足を延ばす道すがら、鐘撞き講で金を集める破れ坊主を懲らしめる。だが、肝心の保土ヶ谷の一件は、わからずじまいとなり江戸へと戻ってきた。すると、日光例幣使街道の上州玉村宿のそばにある竹田村で、朝早くに川向こうの穂波村から、鉄砲の玉が飛んできたという訴えが。玉村では、侠客の定次郎一味が、玉村の道案内を殺し、大戸の関所を破ったとの知らせが。玉村の道案内の後任を決める必要もあり、十兵衛はそのまま上州へと向かう。十兵衛は、鉄砲をきっかけに、定次郎一味の足跡を見つけられると考えるのだが……。破れかぶれになり、関所破りで、せめて名を上げようとする侠客たち。そして、姿を消した河童の六はいずこへ流れたのか。人の欲を見つめて関八州を経巡る十兵衛が、侠客の最後にみせる粋なはからい。そして、二つの殺しは、意外な展開に……。十兵衛は、首尾よく彼らを捕えることができるのか。ご存じ、人気時代小説・八州廻り桑山十兵衛シリーズ待望の第9巻。

    続きを読む
    • 八州廻り桑山十兵衛 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      八州廻り桑山十兵衛 全 2 巻

      1,513円(税込)
      15pt獲得

    レビュー

    • 2017/08/17Posted by ブクログ

      初出 2014〜16年「オール讀物」
      八州廻り桑山十兵衛シリーズ第10作

      会話と淡々とした事実の記述の間に十兵衛の推理が書かれ、ついふむふむ、そうだそうだと思ってしまう。
      書くペースが遅くなっている...

      続きを読む
    • 2019/06/09Posted by ブクログ

      佐藤雅美さんの話はテンポが良くて好き。
      桐谷藤兵衛一味の最後はなんか寂しかったが、話は面白かった。
      終わり方はいつも通りあっさりしている。

    • 2019/12/09Posted by ブクログ

      【悪は必ずしも悪ならず!? シリーズ最新作!】消息を絶っていた盗賊「桐山の藤兵衛一味」。再び動き始めたのはなぜか。時代に翻弄される人々への、十兵衛の深い眼差しが胸を打つ。

    開く
    [{"item_id":"A002149123","price":"743"}]

    セーフモード