にっぽんの履歴書

門井慶喜

1,222円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    第158回直木賞(平成29年下半期) 受賞後第一作!著者が長年創作のテーマとして考えてきた「歴史と日本人」をこの一冊に。――戦前の日本は、お人よしだな。そう思うことがある。植民地のために人をやり、金をついやし、わざわざ政治的、軍事的困難に足をつっこむ。そうして台湾のみならず東北アジア地域そのもののなかで出る杭になった末に、あの領土の奪い合いでもない、人民革命ののろしでもない、何だか理由はよくわからないがとにかく日本の膨張が一因らしい対米戦争へずるずる入って行ってしまった。(「お人よしの台湾統治」より)新直木賞作家が平成の終わりに考えた「この国のかたち」。・元号は平ったく言えば天変地異の占いの道具だった・植民地経営に乗り出した戦前の日本はお人よしだった?・宮沢賢治と夏目漱石の文体の「秘密」・「艦これ」の隆盛を司馬遼太郎が予言していた!?・新聞はほろびたという議論は明治時代からあった・刀は物体、剣は精神である・女工哀史は本当に「哀」なのか・人口減少で「邪悪な正義」も減る ほか、 全50篇。フェイクでもヘイトでもない。この国の豊かな歴史にふれる渾身の歴史エッセイ集。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード