【最新刊】高丘親王航海記

高丘親王航海記

澁澤龍彦

784円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    澁澤龍彦没後30年。遺作となった伝説の傑作幻想小説が、いま新たな装いで!平城天皇の皇子に生まれ、嵯峨天皇即位すると皇太子に立てられるも、父上皇と天皇との諍い(薬子の変)により廃された高丘親王。出家し弘法大師の直弟子となった親王は、東大寺大仏の再建に尽力するなど重要な働きを果たすが、晩年に至り朝廷に入唐求法の願いを出し、唐へ渡った。親王の真の願いは、幼き日に父帝の寵姫藤原薬子に教えられ、憧れていた天竺を訪れることだった。貞観七(865)年正月、高丘親王は唐の広州から海路、天竺へ向かった。鳥の下半身をした女、犬頭人の国など、怪奇と幻想の世界を遍歴した親王はやがて旅に病み、その心に去来したものとは……。無類の面白さと、静かなる気品に満ちた傑作幻想小説。著者の死後に読売文学賞が与えられた。高橋克彦さんの傑作解説も再収録!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/08
    連載誌/レーベル
    文春文庫
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • ネタバレ
      2020/07/08Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      澁澤龍彦の遺作。
      貞観時代、高丘親王(67歳)は天竺へ船出する。
      船は南洋をぐるぐる流され、夢か幻か現実か時間もあやふやに、怪奇幻想の世界へ。
      病に倒れかけた親王は彼らしい方法で天竺へ向かう。

      なん...

      続きを読む
    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      Twitter読書会のために再読。高丘親王が円覚、安展、秋丸と共に天竺へと旅立つ。その旅路は困難ながらも、実に不思議なものだった。まるで夢から夢へと蝶が飛び移るように、現実の世界から何時の間にか夢幻の...

      続きを読む
    開く

    セーフモード